乾燥肌や敏感肌に対するお風呂上がりや朝起きた時に行う自己流のフェイスケアについてまとめたもの。

乾燥を感じたときのフェイスケア

乾燥を感じたときのフェイスケア

乾燥肌をフェイスケアで予防

私は、とても乾燥肌でフェイスケアにはとても気を使っています。
お風呂上がりにすぐに化粧水をつけるのですが、化粧水だけでは蒸発してあまり効果がないので保湿クリームを塗っています。
それでも朝起きると乾燥していて朝もお風呂上がりと同じように化粧水と保湿クリームを塗っています。
私は、乾燥すると粉がふいてひどいときには化粧水でさえしみてしまうほどです。

粉をふいているときは、化粧のりも悪いし時間がたつと化粧しててもわかるくらいに皮がめくれてしまいます。
保湿クリームをたっぷり塗ると化粧するときにファンデーションが浮いてしまって不自然になってしまうし、量がとても難しいです。
乾燥肌だけでなく敏感肌でもあるので、化粧水と保湿クリームは弱酸性じゃないとだめなのです。
洗顔でも乾燥しやすいのでよく泡立てて泡で優しくなぞるように洗わないと余計な油分まで落ちてしまって顔がとても突っ張る感じがしてしまいます。
なので、洗顔も化粧水と保湿クリームと同じように弱酸性を選んでいます。
フェイスケアといえば、パックをして乾燥を食い止めるという方法もあります。
パックをするときは、自分の使っている化粧水をコットンにたくさんつけ乾燥が気になる部分においておくという方法を私は使っています。
ただ、長くおいてしまったり、コットンが肌に合わない場合は逆に乾燥肌になってしまったりするので、気をつけています。
パックをしたあとは必ず保湿クリームで保護します。
そうすると次の朝、とてもしっとりしていて乾燥がだいぶましになります。

Copyright 2017 乾燥を感じたときのフェイスケア All Rights Reserved.